読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリー旅行記 GOENNTABI

問「どんなひとになりたいか」もう1度すべてに感動するひと。それは 言いかえると 今なんのために生きているのかを問うことである。

城ヶ島での出会い


今回のGOENNTABIは


城ヶ島〟です。

f:id:arico21:20160828173147j:image

今回 島へゆきたいとおもった理由
・島にゆきたい気持ちにあふれている
・東京から近くゆける島
・ひとがいないところ
・しぜんを感じたい


ひとがいないところと言いつつ 本当は人がすきで出会いもすうっき〜〜なのですが 都心のような人ごみは今でもなれません。息切れが発生します。ゴホッ



それはさておき なぜ〝城ヶ島〟へきたのか?
それは 東京から約2時間半でゆける島だからです〜〜

そんな城ヶ島の紹介を少し。
 神奈川県三浦半島の南端に位置し 周囲長約4 km 面積0.99 km²で 神奈川県最大の自然島であるとウィキペディアはゆっていますヨ〜

f:id:arico21:20160828171023j:image

もうひとつ紹介を。
今回はペコ(友だち)とのGOENNTABIなのです。徳之島・屋久島にも一緒にいったペコ。

f:id:arico21:20160828171852j:image

レンタカーで向かい島へもう少し〜

f:id:arico21:20160828172049j:image

料金所がみえたら島だ〜〜

f:id:arico21:20160828172146j:image

島にこんにちは〜
¥100を払い大橋へlet's go〜

f:id:arico21:20160828172359j:image

f:id:arico21:20160828172442j:image

台風が近づいていて 前日雨ザーザーで 当日晴れました。次の日雨ザーザーという凄さ。強運でハレの持ち主だ〜〜

f:id:arico21:20160828173132j:image

f:id:arico21:20160828173233j:image

f:id:arico21:20160828173256j:image

f:id:arico21:20160828173556j:image


島にある異様な形の木。ん〜なぜこんな形になるのだろうと考える私。これは島特有で風などによってなるそう。ペコが教えてくれました〜

島独特な空気感がすきで少しあるいては写真をとり少しあるいては写真をとりのマッタリ時間が流れる。


f:id:arico21:20160828174332j:image

マッタリ時間がながれるのにも理由があって、
予定を立てない〜気持ちのままゆく〜のが2人の気の合うところで。一緒にいて気持ちが穏やかなんですヨ〜〜

f:id:arico21:20160828174944j:image

海の波も〝こころ〟も穏やかで 透き通っていて。

f:id:arico21:20160828175046j:image

ピーマンが岸にあがっていて どこからきたの〜?ってゆうペコがいたりラジバンダリ。


f:id:arico21:20160828175258j:image

トンネルを抜けると城ヶ島公園へ〜

f:id:arico21:20160828175529j:image

ロードを走ってるひとがいたりラジバンダリ。

f:id:arico21:20160828175614j:image

炎天下で地べたに座ると悟ったような顔になりまして。のちにペコが大笑いしていました。この一枚。

f:id:arico21:20160828175810j:image


水を頭からかぶったりして 気のままに歩き こうえんではなく〝とうだい〟をめざし道変更〜〜これが運命の分かれ道になるとは思わなかったヨ〜〜

f:id:arico21:20160828175854j:image

f:id:arico21:20160828180421j:image

f:id:arico21:20160828180440j:image

f:id:arico21:20160828180529j:image

歩いても歩いてもつかないな。あれれのれ。屋久島でのトレッキングが頭をよぎる。2人の勘を頼りに進み続けようやく街にでた。

f:id:arico21:20160828180931j:image

街にあるMAPをみて大笑いなことに〜〜
島一周していた私達。車を止めたところから海岸に沿い歩き 気づけば一周して街に出てたという事実。

f:id:arico21:20160828181302j:image

f:id:arico21:20160828182050j:image

f:id:arico21:20160828182102j:image

f:id:arico21:20160828182144j:image

一周してたらペットボトルも空になりノンアルコールビール呑みたいな〜ってことでお昼へ。

f:id:arico21:20160828181411j:image

f:id:arico21:20160828181448j:image

つぼ焼きやマグロ丼やゲソ。ノンアルコールビールでクビッといく美味さといったらさいく〜〜う。

f:id:arico21:20160828181854j:image


断層のところで寝てしまったりして。肌は黒くなり引き締まりました。


駐車場に戻り 行きに会ったおばあちゃんおじいちゃんに会いに〜〜


f:id:arico21:20160828182409j:image

f:id:arico21:20160828182518j:image

f:id:arico21:20160828182621j:image

f:id:arico21:20160828182553j:image

ひととの関わりや出会いがすきなんだなあ〜って改めておもいました。今回もご縁がなければであうことのなかったひとたちがいるわけで。感謝の気持ちと嬉しい気持ちがある。

地球には約73億人いて。

毎日ひとが産まれ 毎日ひとが亡くなる。

生きているなかでどれだけのひとにであうのだろうと ふと考える。

だけど 人間だから喜怒哀楽はあって かなしい時は家からでたくないし人にも会いたくない。

私も同じで家からでたくない時もある。

ひとが嫌になって電車に乗れない時もあった。

人目が怖い時もあった。

笑うことさえ忘れるときもあった。

そんなときがあっても 今はいろんなひととの出会いで支えられて笑顔がある。

何年生きるかわからないけれど 長い人生のなかの一部分って考えると かなしい時も思い出になるかもしれない。

かなしい時ってまわりが見えなくて 自分だけの世界になってしまうかもしれない。

そういうときこそ地球にいる約73億人の〝ひととの出会い〟にすこしでも目を向けたい。

自分が出会ってないひとたちってどれだけいる?

学校でも仕事でも呑み屋でとなりに座ってたひととか旅で出会ったひと とかね。

笑顔やそのひとの考えに出会えるって素敵なことで。

まだ世界中にはたくさんの笑顔があるとおもうんだ。

悲しんでるひとがこのBlogをたまたまみかけて〝出会いがたくさん待ってるかもしれない〟って思ってくれたら いいな。

有名人じゃないから発信はできないけれど そんなことを真剣に願ってたりしてます。

ネットはどこでも見られるから思うのです。

ひとの笑顔ってすてきだし幸せな気持ちになれるから そう思うのです。

f:id:arico21:20160828190330j:image

90歳のおばあちゃん。

〝戦争はしてはいけないよ〟と言った言葉の重み。

ひとが行ったっきり帰ってこなかったんだ〟と。

体験してるからこその言葉で 戦争をしらない日本になるのはとても怖いことだと考えさせられました。

城ヶ島へゆかなかったら出会わなかったおばあちゃん。

出会いにありがとう。


f:id:arico21:20160828191223j:image

帰り際に富士山も顔を出してくれました。

f:id:arico21:20160828191311j:image

日没も素敵な空を見せてくれました。

f:id:arico21:20160828191350j:image

お金で買えることのない〝ひととの出会い〟ってステキですネ。

ペコとの出会いに改めて感謝しました。

f:id:arico21:20160828191934j:image

次はどんなGOENNTABIの出会いが待っているのだろうか〜〜