GOENNTABI 旅行記

問「どんなひとになりたいか」もう1度すべてに感動するひと。それは 言いかえると 今なんのために生きているのかを問うことである。

気がつくと長野県穂高駅に

気がつくと8月がやってきて1週間が過ぎていました。
時の流れがはやいのは自分だけ?

f:id:arico21:20160809160226j:image
気がつくと〝長野県穂高駅〟に降り立っていました(気がつくとなんてウソ。あづさ号に乗ってやってきました)

長野県だけど暑いよう。が第一感覚でした〜

f:id:arico21:20160809160742j:image
バスがやって来るまですこしぶらりすることに。

f:id:arico21:20160809160951j:image
〝地ビールひえてます!〟という貼り紙を横目でチラリし道を引き返す。昼前から飲めることなんて滅多ない〜引き寄せられ来店〜

f:id:arico21:20160809161405j:image
NAVELネーブル)〟
雰囲気オシャレで女子には必見かも〜〜
こちらの女性が今回ご一緒してくれたお姉さんです。

f:id:arico21:20160809161625j:image
〝オーガニックビール〟
あつい真夏にはこれでっせ〜〜くぅう〜

f:id:arico21:20160809161650j:image
〝ランチプレート〟
食材にこだわっていてひとつひとつが美味でした。本も置いてあってゆったりできるところです。安雲野のくまちゃんも〝GOOD〜〟ってゆうていましたよ。
f:id:arico21:20160809161915j:image

ここからはバスにのりドンドコ。山に近づいて行き有明山神社〟でおりました。そこから徒歩でテクテクゆき到着〜〜
f:id:arico21:20160809162411j:image


〝こころ〟〝からだ〟共にみつめるじかんに。


f:id:arico21:20160809162834j:image
すぐお風呂につかりラフな格好になる
素足で木のぬくもりかおりを感じる
やわらかい風をからだで感じる
ビーチサンダル焼も気になる

f:id:arico21:20160809173808j:image
外デッキで本をよみ〝こころ〟を感じる

f:id:arico21:20160809173832j:image
〝強く生きる言葉 岡本太郎さん〟
〝生きる 谷川俊太郎さん〟
〝タオ 加島祥造さん〟

f:id:arico21:20160809174810j:image
5時半頃夕食マクロビオティック
マクロビ食とは動物性のもの特に肉はあまり食べず自然農法の穀物や野菜を中心とした食事のことだそう。
タマネギのポタージュや酵素玄米、ゴーヤとポテト焼きなどがでましたがすべてに感動しました。一度いただくとかんじる〝食〟の素晴らしさ。ごちそうさまでした。

f:id:arico21:20160809175857j:image
f:id:arico21:20160809180131j:image
日も暮れ夜のデッキに涼しくなるまでいました。

GOENNTABIはつづきます〜〜