GOENNTABI 旅行記

問「どんなひとになりたいか」もう1度すべてに感動するひと。それは 言いかえると 今なんのために生きているのかを問うことである。

三原山火孔ぐるり

梅雨明け予告が出ていたお陰か朝から晴れてました。やった〜〜三原山のぼろう〜〜

車を走らせ三原山口へ
f:id:arico21:20160728222557j:image
let's go〜〜
f:id:arico21:20160728222712j:image
しばらくてくてく歩いていると急な坂道が。試されているんだと思い必死に登る(このコースは1番楽なコースだから必死に登ることはありません)
f:id:arico21:20160728222839j:image
三原神社にお礼をして
f:id:arico21:20160729053735j:image
ここからは火孔のまわりをぐるっと
f:id:arico21:20160729053916j:image
f:id:arico21:20160729054004j:image
f:id:arico21:20160729054018j:image
f:id:arico21:20160729054045j:image
ここに立って感じるしぜんのすごさ
立ち止まっては少し歩きのくり返し

やまのいいところは人にあったらあいさつするところ。年齢関係なくやまの情報を交換したりどこから来たのかお話したりと。
通勤だったらって考えると前に進まなくなりそうだね。
f:id:arico21:20160729055041j:image

3時間トレッキングをおえ車を走らせる。
毎日目にしていたバームクーヘンを撮影。初日みたときミルフィーユだとおもってかゆに伝えたら〝おしゃれだなっ〟って笑われました〜
f:id:arico21:20160729055227j:image

カラダが甘いものを欲してる〜
そうだかゆがゆってたカフェにいこう〜
一周路から中の道を通りちと分かりにくい道にひっそりと〝スペイキャスト〟があります
f:id:arico21:20160729060432j:image
f:id:arico21:20160729060712j:image
ここでほっかいどう〜の思ひでを描いてると島民の方が声をかけてくれました〜〜ご縁に感謝。

カフェを出発しお気に入りの〝波浮港〟へ
鵜飼商店の揚げ物をリピートし見晴台でいただきました。少年にもあえて嬉しかったなあ。

お腹もおちつき元町にある〝浜の湯〟につかりながらこの夕陽を眺め1日をしめくくりました。浜の湯は外にある混浴湯でオススメです
f:id:arico21:20160729061530j:image
f:id:arico21:20160729071457j:image