読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリー旅行記 GOENNTABI

問「どんなひとになりたいか」もう1度すべてに感動するひと。それは 言いかえると 今なんのために生きているのかを問うことである。

インドあるある1日目

色々落ち着き ようやく〝インド〟へ

 f:id:arico21:20170319161038j:image

7日間の記録ですが 現在アドレナリン全開なので(自分の世界に入ってる状態)薄目で見るのがちょうど良いかと思われます

 

ではスタート

 

3月7日深夜 デリー空港に到着

事前に調べたところ 明け方まで空港から出ない方が良いみたいで ロビーで過ごすことに

とにかくお金がないので ガイド本〝地球の歩き方インド版〟すら図書館で借りて持ってきた

周りをみわたすと 同じ本を見てる人を発見し声をかける。彼も同じ考えで 明け方デリーに地下鉄で向かうようだった。初インドでドキドキだったのでご一緒させてもらう

 f:id:arico21:20170318222451j:image

f:id:arico21:20170318222536j:image

始発にあわせ地下鉄に向かうが 乗るまでが大変だった。よく言うインドあるあるだ

地下鉄に向かう道は 暗いため やってるのか分からないほど。そこに インド人がやってくるのだ

「地下鉄はやってないから車でデリーまでどう」「チケット売り場はやってないよ」など あれこれ言ってくる

これを 真剣な顔で言ってくるのだ。初インドで身構えてても そうなのかなと思うほどだ

インド人を振り切り 2人の判断で入り口まで行くと 普通に検査官がいて 普通にチケット売る人がいて 普通に地下鉄が動いている

文章だとインドあるある程度になるが インド人を目の前にすると あるあると考えている余裕はない。空港ロビーから出て30分で すっかり人を信じるのはやめようとなった

 

f:id:arico21:20170318225847j:image

f:id:arico21:20170318225900j:image

地下鉄デリー駅に着く

となりに地上の駅があり そこを超えて街に行こうと歩き出した。数歩で インド人に声をかけられる。話は長くなるため割愛です

たどり着いたのは上の写真にある所。駅をまたぐのに証明書が必要で発行しに来た。ほんとかよと本気で思う

日本語喋れる人がいて なんとか会話できた。私は午後に国内線に乗るため 必要ないと言われ 彼はデリーに泊まるため 交渉していた

チャイとバターパンが出て来て「食べなよ」と言う。お金取られないことを確認して 食べる。これが 最高においしいのだ

彼を待ってる間 おっちゃん達とゲームしたり写真とったり。会話しているとメガネの人が「おれは23歳だよ」と言う。あなた30歳でしょ髭の具合。ほんとかよとまた思う

彼とはここで さよならだった

 

f:id:arico21:20170318232128j:image

国内線に乗る

バラナシ(ガンジス川沿いの街)へ向かう機内で 隣のおじいちゃんと仲良くなった。4人家族で旅行に来ていたスリランカ人。日本の九州京都東京へ旅行に来たことがあって 思い出を話してくれた。最後に「良い旅をー!」 と握手して それぞれ歩き出した

 

f:id:arico21:20170318233421j:image

f:id:arico21:20170318233944j:image

バラナシ空港へ到着

街まで距離があって 2枚目の写真の彼(私のバックパックを担いでくれてる)と今回家に泊めてくれたインド人が迎えに来てくれた

街に着くと人であふれ インド特有のくささ 活気がここにあった。これがまた たまらんのです。イケメンと美女が目の前にいて インドにいるだけで目の保養になる環境に ナマステーーーー!!!

 

f:id:arico21:20170318235324j:image

写真は 家の屋上からみたサンセット。周りはごく普通にインド人が暮らしている家で 観光客にあわない環境がうれしかった。

 

 

なぜ私がガンジス川へ来たのか

ちゃんと理由がある。たかのてるこさん著者〝ガンジス川でバタフライ〟を読んだのがきっかけ。絶対ここにいって バタフライをするんだーっ!!と衝動に駆られ バラナシにいるのだ

はたしてあらゆる菌たちにも負けず衝動に勝ち ガンジス川でバタフライをするのか?しないのか?どっちなのかお楽しみにーっ!

 

2日目に続く!

チャイとガンジス川2〜3日目

インド2〜3日目

 

f:id:arico21:20170319002825j:image

朝 ボートにのる

5時台 朝日がのぼる前に乗り込み 街並みや空を眺める。この環境で毎日ぼーっとする時間があったら どんなに幸せなのだろう と思わせてくれたガンジス川

 

朝日を浴びて いざ ダイブ

ボートの先端に立ち 飛び込んだーーっ!!温度は丁度よく プールのような感覚。水だからそりゃそうだわ笑

クロール 背泳ぎ 平泳ぎときて バタフライだったが 体重が重くて できずに引き上がる。〝ガンジス川でバタフライ以外〟ということになってしまった〜

さらに カメラを持っていかず記録がない。一緒にのっていた外国の方がパシャパシャ撮っていたので(なんと女性の写真家さんだそう)いつか出回りますようにっ

 

f:id:arico21:20170319030850j:image

f:id:arico21:20170319030914j:image

f:id:arico21:20170319031037j:image

次の朝 チャイとともに朝日を浴びる

ガンジス川沿いに チャイ屋さんが多く 5ルピー(約10円)で一息つける。鍋で煮立たせ作るので 飲む前からワクワクする。また 店によって味が違うのもワクワクポイントだ。お気に入りはジンジャーチャイ

 

チャイでホッとしていると 一人の女性が気になった(上の写真の方)。沐浴している姿が素敵で 階段をおり 近くで見ていた

全身川に浸かり 祈りを捧げる。川に浸かることで 全ての罪が洗い流されると言われているガンジス川。洗濯 排泄 火葬後の遺体 あらゆるものが川に流され 生死が集約している。ヒンドゥー教徒が集まり祈る姿は ものすごいエネルギーのように感じた

撮らせてくれてありがとうと伝えると 笑顔になってくれた。ナマステ

 

f:id:arico21:20170319035355j:image

家の奥さんが 描いてくれた〝メヘンディ〟

ヘナという植物を ホイップクリームを絞りだすように描くのだが 繊細な作業に釘付けになっていた。 描いた後 乾燥させ ヘナが固まったらはがし オイルを塗って完成。2週間ほどで消えてしまうのがもったいないくらいだ。

 

 f:id:arico21:20170319040613j:image

シタール演奏を聴きに

日本人の彼は インド音楽の楽器〝シタール〟(写真:神様が持っている楽器)を学びにインドへ。師事している先生を紹介してくれて 演奏も聞かせてくれた。インドではかなり有名な先生でご縁に感謝です。

演奏中 音色が心にひびき 自然と溢れ出てくる涙。今までに一度だけ 感情なしに涙をしたことがあって 同じ感覚だった。チャクラと関係があるのかな

インド音楽 おすすめ。youtubeで検索して インド音楽に触れてみてください〜

写真ツアー 4〜6日目

f:id:arico21:20170319042625j:image

初心者で参加

ジェイペグとローの判断もつかない私が 写真ツアーに。写真で生きている姿を表現できたらなと思ったのが きっかけだった

 

ツアー初日

1日数百枚撮った中で 数枚ピックアップ

f:id:arico21:20170319043256j:image

f:id:arico21:20170319043318j:image

f:id:arico21:20170319043352j:image

f:id:arico21:20170319043411j:image

f:id:arico21:20170319043517j:imagef:id:arico21:20170319043545j:image

 

2日目

f:id:arico21:20170319043708j:imagef:id:arico21:20170319043720j:image

f:id:arico21:20170319043750j:image

f:id:arico21:20170319043817j:image

f:id:arico21:20170319043832j:image

 

3日目

f:id:arico21:20170319130736j:image

f:id:arico21:20170319130639j:image

f:id:arico21:20170319130702j:image

f:id:arico21:20170319130717j:image

f:id:arico21:20170319043918j:image

f:id:arico21:20170319043928j:image

 

写真を撮った相手とは 必ず会話やジェスチャーがあり ひとつひとつ物語がある

最後の写真に写る女性。神様に祈りを捧げ終わった直後の一枚。直前まで目をつむり 言葉を唱え 額を床につけては祈る。そっと目を開け 遠くを見つめる。目がとても素敵で 撮った後 写真を見せると 恥ずかしそうに笑った

 

ツアーに参加してみて 笑顔が撮りたいんだと気付いた。生きた表情を

 

 

f:id:arico21:20170319130844j:image

ツアー終了 夜はインド音楽に浸る

ホーリー祭〟(カースト制度関係なく色粉や色水をかけあいお祝いする日)前日とあって 人が溢れていた。写真の彼はリキシャ(自転車の後ろに人を乗せる乗り物)の運転手。日本人の彼と先生の元へ向かうのだが 運転が荒いのとハイパースピードで切り抜けて行く。逆走も普通にする彼にナイス!と声をかけた。背中がピンクの色粉にまみれテンションがあがっていた

先生の家に着き 寺に向かう。寺での演奏は 格別だった。歌と音色と寺のセットがなんとも言えない空間を作る。頭が いい感じにぼやける感覚で きもちがよい。演奏後も 余韻にひたりつづけた

 

 

ホーリー祭 7日目

インド7日目

 

f:id:arico21:20170319143704j:image

f:id:arico21:20170319143719j:image

f:id:arico21:20170319143729j:image

f:id:arico21:20170319143745j:image

ホーリー

早朝から 音楽が鳴り響き それぞれの街で 色粉や色水をかけあっている雰囲気。午前中がホーリー祭とあって 子供達の元気な声で目が覚めた。なんと 家の屋上で 行われているのだ

小学生の頃 水風船で遊んだ記憶が蘇り はしゃぎまくる。子供達に集中攻撃をうけ 開始数分で全身色水にそまり 粉まみれになった

国を超えて インドの子供達と遊べる祭りは 最高。初心にかえれます〜〜

 

f:id:arico21:20170319144940j:image

帰り空港まで 見送りにきてくれた2人

お互い成長して また会おうと約束してさよならした。今度来るときは ドキドキより ワクワクな気持ちでインドに行けそうで 楽しみが1つ増えた

 

おわり

 

あんこさんの姿になりたい

8月の〝GOENNTABI〟から半年も経ち 2017に突入しました。

 

旅のことを忘れない為に書く〝GOENNTABI〟ブログをそっと見てくださる方ありがとうございます!そっと書きますので 家政婦はみたでお馴染み 市原悦子さんのよう そっと見ていただけると嬉しいです。何事もそっとね笑

f:id:arico21:20170304145002j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:arico21:20170304144141j:image

今回は伊豆大島へジェット船(後ろのカラフル)で向かいました。2時間で島にいけるなんて東京イイ。

なぜ安い夜行船じゃないの?とゆうと 〝椿まつり〟シーズンなので往復3000円(ジェット)で島に行けてしまう気軽さ。気になる方はぜひ検索〜

 

 

 

 

 

 f:id:arico21:20170304204233j:image

さて 去年の夏に引き続き お世話になった友人となめこ(猫)。

高校卒業しても会える友って大切。当時は10代だったため呑めなかったお酒(←うそでーす。呑んでました)をのみ酔っぱらって 語れる時間って大切。

 

 

 

 

 

f:id:arico21:20170304204957j:image

お酒でなくても お爺さんが入れてくれたコーヒーと 波浮港を一望できるお店でまったり時間を過ごしました。これも友人のおかげ。

f:id:arico21:20170304205849j:image

コーヒーを出してくれたお爺さん。

海で長年の仕事を経て大島で暮らしている。人生の苦楽を経験されているコトバは重みがあり 出会えてよかった と感謝のきもちが溢れた。優しさとおもてなしの心に触れたひと時でした。

「まぁまぁ がんばれー。」の一言が印象的で わたしもがんばろうと自然と思わせてくれる声だった。

 

 

 

 

f:id:arico21:20170304211257j:image

つぎの日 椿まつりへ。

大島へ来た理由の1つ あんこさんの姿になりたいを叶えるべくやってきました。

むかし むかし 火山島である伊豆大島は湖がなく水の確保が難しかった。雨水が溜まった井戸を生活水として利用していたそう。女性が樽で汲みに行く姿こそ あんこさん(上の写真)です。

 f:id:arico21:20170304213833j:image

わたしもあんこさんの姿になってきました。日本人だからか 着物を着ると 凛とした姿勢と気分になります。

ちなみに 下っ腹で前掛けがたるまぬよう 必死にへこませ ミス椿の旗を持っています。その姿こそが完全にミスです笑。

f:id:arico21:20170304215235j:image

椿やあんこさんの踊りをみてちょっぴり歴史に触れられました。

 

雨の時間もあり バトミントンやパチンコ(旅費分勝ちニヤニヤする)をしたり 居酒屋へいったり くさやを食べて手に臭いが付いたり のんびり島ライフ。

 

 

 

 

 

f:id:arico21:20170304215546j:image

つぎの日の朝 途中まで歩いた 裏砂漠。

次回アタックします。去年の夏も訪れたけれど まだまだ触れるところがたくさんある伊豆大島でした。

 

  

f:id:arico21:20170304222235j:image

城ヶ島での出会い


今回のGOENNTABIは


城ヶ島〟です。

f:id:arico21:20160828173147j:image

今回 島へゆきたいとおもった理由
・島にゆきたい気持ちにあふれている
・東京から近くゆける島
・ひとがいないところ
・しぜんを感じたい


ひとがいないところと言いつつ 本当は人がすきで出会いもすうっき〜〜なのですが 都心のような人ごみは今でもなれません。息切れが発生します。ゴホッ



それはさておき なぜ〝城ヶ島〟へきたのか?
それは 東京から約2時間半でゆける島だからです〜〜

そんな城ヶ島の紹介を少し。
 神奈川県三浦半島の南端に位置し 周囲長約4 km 面積0.99 km²で 神奈川県最大の自然島であるとウィキペディアはゆっていますヨ〜

f:id:arico21:20160828171023j:image

もうひとつ紹介を。
今回はペコ(友だち)とのGOENNTABIなのです。徳之島・屋久島にも一緒にいったペコ。

f:id:arico21:20160828171852j:image

レンタカーで向かい島へもう少し〜

f:id:arico21:20160828172049j:image

料金所がみえたら島だ〜〜

f:id:arico21:20160828172146j:image

島にこんにちは〜
¥100を払い大橋へlet's go〜

f:id:arico21:20160828172359j:image

f:id:arico21:20160828172442j:image

台風が近づいていて 前日雨ザーザーで 当日晴れました。次の日雨ザーザーという凄さ。強運でハレの持ち主だ〜〜

f:id:arico21:20160828173132j:image

f:id:arico21:20160828173233j:image

f:id:arico21:20160828173256j:image

f:id:arico21:20160828173556j:image


島にある異様な形の木。ん〜なぜこんな形になるのだろうと考える私。これは島特有で風などによってなるそう。ペコが教えてくれました〜

島独特な空気感がすきで少しあるいては写真をとり少しあるいては写真をとりのマッタリ時間が流れる。


f:id:arico21:20160828174332j:image

マッタリ時間がながれるのにも理由があって、
予定を立てない〜気持ちのままゆく〜のが2人の気の合うところで。一緒にいて気持ちが穏やかなんですヨ〜〜

f:id:arico21:20160828174944j:image

海の波も〝こころ〟も穏やかで 透き通っていて。

f:id:arico21:20160828175046j:image

ピーマンが岸にあがっていて どこからきたの〜?ってゆうペコがいたりラジバンダリ。


f:id:arico21:20160828175258j:image

トンネルを抜けると城ヶ島公園へ〜

f:id:arico21:20160828175529j:image

ロードを走ってるひとがいたりラジバンダリ。

f:id:arico21:20160828175614j:image

炎天下で地べたに座ると悟ったような顔になりまして。のちにペコが大笑いしていました。この一枚。

f:id:arico21:20160828175810j:image


水を頭からかぶったりして 気のままに歩き こうえんではなく〝とうだい〟をめざし道変更〜〜これが運命の分かれ道になるとは思わなかったヨ〜〜

f:id:arico21:20160828175854j:image

f:id:arico21:20160828180421j:image

f:id:arico21:20160828180440j:image

f:id:arico21:20160828180529j:image

歩いても歩いてもつかないな。あれれのれ。屋久島でのトレッキングが頭をよぎる。2人の勘を頼りに進み続けようやく街にでた。

f:id:arico21:20160828180931j:image

街にあるMAPをみて大笑いなことに〜〜
島一周していた私達。車を止めたところから海岸に沿い歩き 気づけば一周して街に出てたという事実。

f:id:arico21:20160828181302j:image

f:id:arico21:20160828182050j:image

f:id:arico21:20160828182102j:image

f:id:arico21:20160828182144j:image

一周してたらペットボトルも空になりノンアルコールビール呑みたいな〜ってことでお昼へ。

f:id:arico21:20160828181411j:image

f:id:arico21:20160828181448j:image

つぼ焼きやマグロ丼やゲソ。ノンアルコールビールでクビッといく美味さといったらさいく〜〜う。

f:id:arico21:20160828181854j:image


断層のところで寝てしまったりして。肌は黒くなり引き締まりました。


駐車場に戻り 行きに会ったおばあちゃんおじいちゃんに会いに〜〜


f:id:arico21:20160828182409j:image

f:id:arico21:20160828182518j:image

f:id:arico21:20160828182621j:image

f:id:arico21:20160828182553j:image

ひととの関わりや出会いがすきなんだなあ〜って改めておもいました。今回もご縁がなければであうことのなかったひとたちがいるわけで。感謝の気持ちと嬉しい気持ちがある。

地球には約73億人いて。

毎日ひとが産まれ 毎日ひとが亡くなる。

生きているなかでどれだけのひとにであうのだろうと ふと考える。

だけど 人間だから喜怒哀楽はあって かなしい時は家からでたくないし人にも会いたくない。

私も同じで家からでたくない時もある。

ひとが嫌になって電車に乗れない時もあった。

人目が怖い時もあった。

笑うことさえ忘れるときもあった。

そんなときがあっても 今はいろんなひととの出会いで支えられて笑顔がある。

何年生きるかわからないけれど 長い人生のなかの一部分って考えると かなしい時も思い出になるかもしれない。

かなしい時ってまわりが見えなくて 自分だけの世界になってしまうかもしれない。

そういうときこそ地球にいる約73億人の〝ひととの出会い〟にすこしでも目を向けたい。

自分が出会ってないひとたちってどれだけいる?

学校でも仕事でも呑み屋でとなりに座ってたひととか旅で出会ったひと とかね。

笑顔やそのひとの考えに出会えるって素敵なことで。

まだ世界中にはたくさんの笑顔があるとおもうんだ。

悲しんでるひとがこのBlogをたまたまみかけて〝出会いがたくさん待ってるかもしれない〟って思ってくれたら いいな。

有名人じゃないから発信はできないけれど そんなことを真剣に願ってたりしてます。

ネットはどこでも見られるから思うのです。

ひとの笑顔ってすてきだし幸せな気持ちになれるから そう思うのです。

f:id:arico21:20160828190330j:image

90歳のおばあちゃん。

〝戦争はしてはいけないよ〟と言った言葉の重み。

ひとが行ったっきり帰ってこなかったんだ〟と。

体験してるからこその言葉で 戦争をしらない日本になるのはとても怖いことだと考えさせられました。

城ヶ島へゆかなかったら出会わなかったおばあちゃん。

出会いにありがとう。


f:id:arico21:20160828191223j:image

帰り際に富士山も顔を出してくれました。

f:id:arico21:20160828191311j:image

日没も素敵な空を見せてくれました。

f:id:arico21:20160828191350j:image

お金で買えることのない〝ひととの出会い〟ってステキですネ。

ペコとの出会いに改めて感謝しました。

f:id:arico21:20160828191934j:image

次はどんなGOENNTABIの出会いが待っているのだろうか〜〜

本の世界をちょっぴり拝見

f:id:arico21:20160811125250j:image

f:id:arico21:20160811125312j:image

f:id:arico21:20160811125324j:image



f:id:arico21:20160811125110j:image

f:id:arico21:20160811125126j:image

f:id:arico21:20160811125143j:image



f:id:arico21:20160811125725j:image

f:id:arico21:20160811125740j:image
もとの根に還る。
目にみえない多いなる流れを受け入れる
こころを空(から)にして受け入れる
この虚(から)のこころがあってこそみえてくるものは、万物は生まれ、育ち、活動するがやがてもとの根に還ってゆく働き
それが見えてくるのだ。

その行く先は静けさ
その静けさこそ自然の本性
水の行き先はーー海
草木の行く先はーー大地
いずれも静かなところだ
すべてのものはその根に還る
自分の本性の行く先に
戻るということは、静けさに還ること。

それをしることが知恵であり、
知らずに騒ぐことが悩みや苦しみを生む
いずれはあの静けさに還るとなれば
こころだって広くなるじゃないか
こころが広くなれば
悠々とした態度になるじゃないか
そうなれば、時には
空を仰いで、天と話をする気になるじゃないか
その時には、
自分の身の上でくよくよするなんて
ちょっと馬鹿らしく感じるよ。


今回、
老子さん
3人の言葉をかしていただきました。
ありがとうございます。

本をとおして3人の方とちょっぴりお話できたようなきがします。
タオ(道)についての本をもっと読みたいとおもいました。

f:id:arico21:20160811131944j:image